スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピューター治療の坂東接骨院

.30 2012 日記 comment(0) trackback(0)
徳島市の西にある坂東接骨院には最新のコンピュータ治療を行える電子機器が、患者の足腰の治療に使われている。アメリカ製やらドイツ製やらの診断兼治療機器を用いている。

初回はこれで(超音波画像+コンピュータ)診断し、その後見た目、普通の「ビリビリ/ポクポク?治療や赤外線照射」(ボクの膝治療の場合)をやる。次回からは順序を逆にして、最後に超音波画像+コンピュータの検査と治療行う。
エコー検査やアキュスコープという機器を用いるらしい。



27 11:02
その他の写真









この接骨院では、治療する人やその人の腕の違いで、治療効果が異なるやり方は排除、誰でも同じような治療効果が得られるべく、コンピュータを用いた治療法を目指しているそうだ。もっとも機械だから使う人の診断技術や機器の使い方の腕にもよるとは思うけれど、欧米の最新医療情報による診断技術、最新の超音波画像処理など治療技術を取り入れたこの方法は今後大いに期待できる、と思う。



実家の高齢の母はあまり按摩などによる普通の接骨院には最近行きたがらなくなっていた。「行ってもあまり違わない(効果がない)」とか言って、なかなか腰が上がらないのだ。でもこの接骨院では、1回目から「効いた効いた、痛みがなくなった」と喜んでいる。「そして今度はいつ行くの?」と聞くことも多い。



ボク自身も、このところ膝小僧が痛みだした。起き上がる時など、特に痛む。腕立て伏せや足の屈伸のやり過ぎかと思ったがそうではないらしい。そういう歳なのだろうと思う。



で、母と共に一緒に毎回治療を受けてみた。確かに痛みは1回目からとれたみたいだ。結局今回の帰郷時には数回通ったが、毎回痛みは取れるがそのうちまた痛みがでてくるので、痛みがなくなるまではしばらくは通う必要があるのかもしれないようだ。



はじめこの坂東接骨院の存在は義妹が「いいよ」と教えてくれていた。そしてまず家内が行ってみることに。1年も治らなかった60?肩が数回の治療で完治、まるで今では坂東接骨院の信者となってしまっている。そればかりか、あちこちでこの効果てき面の治療院のことを言いふらしている。今回の帰郷時には逆にボクの方から一緒に行こうと誘っても「もう治ったから」とこのところはご無沙汰になっているが。



膝が痛み始めたボクにも家内はしつこく坂東接骨院を勧めていたのだが、ボクとしては半信半疑だった。機械なんて、コンピュータなんて所詮人間の作ったものだし、とか理由をつけて。現役時代(JAXA)でいろんなコンピュータ機器を研究の道具として駆使したきたボクは当然そう思っていた。コンピュータは確かに嘘はつかないが、所詮人間が作ったものだからと。



一方、巷の接骨院では若い接骨医に力いっぱい按摩をされ、かえって調子が悪くなった人の話も聞く。腕の良し悪しで決まる?この種の接骨院治療では特にその傾向がある。その意味でコンピュータに多くの専門家の情報や技術を取り入れてまとめあげた治療法の方が、より信頼できるかもしれない。



この種の電子機器はボクの経験から非常に高価である、といえる。そのうえ日進月歩でその性能が向上、新しい機器を次から次と入れ替えたり、導入する必要もある。とくに輸入電子機器は目が飛び出るくらい高価、またメンテナンス費用も言いなりで高価である。ここに個人医院がこうした優れた機器をなかなか導入できない原因がある。坂東接骨院の今後の健闘を祈りたい。




詳しくは下記HPにある。


坂東接骨院HP

関連記事
スポンサーサイト

目の上のタンコブには要注意

.30 2012 日記 comment(0) trackback(0)
先日夜11時半ごろすでに寝ていた94歳になる母に「ボクも寝るからね」と言って離れに移りました。30分くらいしても母の部屋にあかりがついているので不審に思い行ってみると、ベッドの上で「痛い痛い」とおでこを氷で冷やしながら唸っていました。戸締りを確認しようと起きて暗闇のなか居間まで来たとき、なにかに足を取られ、前のめりになり転んだようです。その際、おでこをソファーテーブルのへりにしこたま打ち付けてしまったようです。このなにかは僕が置いたままにした掃除機でした。



翌朝かかりつけの医者に診てもらったところ、「2,3日から10日くらいにかけてパンダのように両目周りが黒くなるよ、と言われました。前夜に比べぷっくり膨らんでいた右目上のタンコブもだいぶ凹んでいたようですが、3日目あたりから次第に右目がパンダ目に。原因はタンコブから目の周りに血が降りてきてうっ血するのがその理由だそうです



その後の処置としてはあまり心配しなくてもよく、「1ヶ月くらい経ったらまた来てください、それまでは何もしなくてもいいです」「タンコブの上には小さく切った湿布を貼り冷やすと治りが早い」とのこと。1ヶ月くらいしてたまにめまいや脳に異常がでるひとが100人にひとり位いるらしいです。ちょっと心配。



それから5日目、右目のパンダ状態がひどくなってきた。で、安心のためではあるが、翌日からのゴールデンウイーク前にもう一度診ておいてもらうことにしました。



片方の目はパンダ状態になっていないので、「右上のタンコブでは右目だけがパンダ目になるのでしょうか」と医者に問うと、「両目ともパンダ目状態になるよ」とのこと。おでこのタンコブに溜まった血は両目周りにおりてくるそうだ。その後は黄色くなって色も次第と消えるとか。



本人にとっても僕にとっても、次の日大勢の集まる親戚の法事が気になった。「その目どうしたのって聞かれるだろうな~」「高齢だからよけい本人の名誉のために、原因は掃除機をおき忘れた僕の責任を強調して説明しよう」などとかんがえていた。しかし法事の当日の朝にはだいぶ黒ずみも引き(オシロイで隠したのかもしれないが)、パンダ目もそれほど目立たなくなっていた。



目の上のタンコブは、経過予想を医者に聞いていたので安心できたが、そうでなかったら現れるパンダ目には本人はもとより、家族もびっくりすることだろう。また机のヘリでなく、机の角での打撲だったら、それもオデコでなく目だったらと思うと、ぞっとする。それにしても今回も何事もなかった僕の母の強さにはまた感心している。「こんなことで死ねることか」と暗闇の中で思った、と女房に告げたらしい。せめて100歳まではこのまま健康でいて欲しい。


Posted from DPad on my iPad
関連記事

アラジンファンヒーターってとても暖かい

.16 2012 日記 comment(0) trackback(0)
季節外れのアラジンストーブ(ファンヒータタイプ)を半額セールで入手。アラジンという名前で衝動買いしてしまった。丸い筒型ストーブで有名なアラジンにこんなタイプがあったとは知らなかった。

CA3C0050



すでに大手メーカーのファンヒーターが3台手持ちがあり、次は、重くて面倒な灯油入れ替えの必要のないガスファンヒータを、と思っていたのだが、さらに重い灯油缶付きファンヒーターになってしまった。灯油缶9リッター。でも熱容量も大型なのに音は静か、全体にふんわりと暖かくなるという感じ。心配だった吹き出し出口近くの床も熱くなることもない。肌寒い天気が続く今日この頃には最適だ。


CA3C0043

CA3C0049



(参考)買ったあとネットで気づいたのだが、このひとつ下の容量のタイプに対しリコール広告が載っていて驚いたが、アラジンの会社に問い合わせて、このタイプは問題なしとのことであった。なんか、押しボタンに問題があったとか。




関連記事
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。