スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひいばあちゃんを看取る恋ちゃん(感動したこと)

.19 2012 日記 comment(0) trackback(0)




19 22:47記事1



記事2記事3

19 21:09

雑誌「世界 7」2012 p.265から、

「私もおばあちゃんみたいに、優しいおばあちゃんになれるかな」


19 22:38


写真家国森康弘さん


子供って優しいね、教えられることが多い。

腐されるとへこむ、褒められると元気が出るのは世の習い。大人も子供も一緒。だから大人も子供が失敗した時などは、なおさら優しくしたり、いいところを褒めたりする方が、かえって教育には良い場合が多い。子供は失敗したことや、悪いことをしてしまったことなど、十分わかっているんですからねえ。

次に、感動して、泣いて、自省させられる話を引用;

お父さんは偉い

「ばあちゃん(゚Д゚)ゴルァ!」

いい子でいなきゃ


もっと泣きたい人はこちら

Posted from iPad
関連記事
スポンサーサイト

法谷寺の紅葉

.11 2012 日記 comment(0) trackback(0)


蔵本公園の黄葉を見たついでに、徳島市南庄町にある法谷寺紅葉を見に行く。


11 11:06入口

11 11:07参道を入ると

11 11:09階段が

11 11:11上に本堂があり



11 11:15本堂周りの山も色づく

11 11:18

11 11:18


11 11:17階段を下ったところに、



11 11:19名水が


11 11:19厄坂

11 11:21参道入口近くの福殿の銀杏は真っ黄色

11 11:23銀杏の葉っぱの絨毯が

11 11:23


Posted from iPad
関連記事

2年ぶりの醤油付柚子作り

.03 2012 日記 comment(0) trackback(0)
またその時期がやってきた。柚子の季節だ。もうおそいくらいかな?

話は前回帰省の1か月前、田舎の叔母から、また柚子を取りにおいでと言われていた。その時は母が入院、その後退院したりした後なので、次回帰省の時には是非にということになっていた。

今回、田舎にいる弟が次の日曜日に貰いにいくと言うので、頼むことに。



では本題に。




03 11:38

ほぼ2年ぶりのしょうゆ漬け柚子(柚子の佃煮)作りなので、手順を以前書いたブログ記事でおさらい。(前回の記事はココ)。

ただ、前回との手順の違いは、

1: 絞り器を貸してくれたので絞るのが楽な上、果汁が思いのほか、たくさん取れた。

2:その後の皮だけにする作業も非常に楽、指で簡単に中身(種と房)を取り除くことができた。

3:皮をいったん蒸したこと。

4:前回自宅でのような竹ザルもなく、長時間の陽当たり場所もない。曇って日照時間も短い。で、皮の乾燥にいろいろ工夫。火を使ったり(これは香りが飛んで、余りよくないかも?)、場所を変え、屋根や室内縁側に干したり、電気ストーブを用いたりした。






写真のごとく、今年の柚子は綺麗でない。


03 11:42




03 12:11


柚子の表面をタワシを用いてゴシゴシ洗ったのち、半分に切り絞り器にかける。 柚子が半折れになるよう写真のように置く。絞り作業がとても簡単。(手で力任せで絞った前回は、殆ど果汁は絞り取れなかった)。1時間足らずで終了。

03 13:34




03 14:05

絞ってる途中何回も、絞り器の下部に置いたコップを倒してしまう。せっかく絞ったのに、残念。

ところで、叔母によると、絞り汁の保管はペットボトルよりガラス瓶が良いという。ボトル材料のプラスチックを柚子液がとかしたりするのだろうか?ガラス瓶がなかったので、とりあえずガラス製のコーヒーポットに入れておく。

03 14:18

一部の絞り汁は冷凍にしておくと、便利という記事があったので、真似して見る。なかなかいいかも。果汁を何倍かに薄め砂糖を加えてジュースにすると美味。

04 14:46


絞り終わった柚子の中身(種やフサ)は指の爪を使って取り去り、さらに流水中で出来るだけ皮だけにする。これ失敗。フサは残す方がよいらしい。

03 14:59




皮は蒸し器にいれて数分間蒸した。この方が蒸さない場合より殺菌され長持ちするだろうことを期待して。

その後、軒下に新聞紙を広げて干す準備をした。夜、雨 (泣)。吹き降り、 大丈夫かな? 天気がよければ、明日から天日干し。

03 15:45


03 15:47

ーーーーーーーー
翌朝は晴れ、屋根に移す。

04 9:13





半乾きになったところでハサミで千切りに。単純作業が続く。


04 15:46

乾きを早めるためコンロ火にかけたり。ドライヤーを併用するのも手かも。(これは焦げたりしてよくない、あるいは香りが抜ける?)。

04 16:21

その後また天日に、でもなかなか乾かない。曇天続きだと、むしろ室内乾燥の方がいいかも。

04 16:58

醤油とみりんを半々にして、柚子皮にひたひたに漬ける。今回失敗して、皮だけにしてしまったので、なかなか醤油が染み込まず硬い。一週間位が食べごろか?新米に、またお茶受けに良さそうだ。食べすぎると舌がしびれそう。

10 10:35



今回は郷里にての作業であった。


(参考)
こんな記事もあった。

10 11:51


Posted from iPad
関連記事
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。