スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評判のJRバスドリーム号の1階プレミアムシートに乗ってみる

.06 2012 日記 comment(2) trackback(1)
以前ドリーム号2階3席シートに乗ったときとても快適だった。で、家内にも勧めたが結果は快適でなかったらしく、今後は御免こうむりたいとのことであった。バスの揺れに弱いということもあるが、カーテンがなにやら異様だったらしい。ボクの乗ったときはカーテンも(下りて?)なく、最後尾の女性専用席の直ぐ近くで、余り人が乗ってなかったせいもあるかもしれない。あるいは、バスの車種によってその乗り心地に違いがあるのかも。

その後知ったのだが、そのドリーム号のうち、ボクの場合、JR四国バスの運行するバスの中には、1階に3席だけ特別のプレミアムシートがあるとのこと。機会があれば、ぜひ乗ってみたい気がしていた。運賃は少し高目の1万プラス2300円で、前々回帰省時に乗った海部交通の日本1豪華なバス「フローラー」号の運賃(13000円)に近くなる。

今回、田舎へ行きの便は家内と一緒だったのでいつもの飛行機にしたが、東京への帰りは一人だったのでJRバスのプレミアム席を試してみることに。ゴールデンウイーク真っ最中のこともあり、予め予約を入れたが、そのときには1席しか残っていなかった。

発売されると同時に売れきれるとのウワサのプレミアムシート、期待が大きかったせいもあるが、全くの期待はずれだった。残席?(A-23席、座席表は下記参照)でなく、他の席(A-21,A-22)だったら少しはこの印象も違ったかもしれない。A-23席は他の席より格段に狭い(前のA-22席だと1.5倍、横のA-21席だと1.7倍くらいの広さがある)。また他の席には「前方に」網棚があるがA-23席では窓際の足元にかろうじてそれがある。

premium_seat2.jpg写真の後ろがA-23席(JRのHPから)


また前方の席を倒されると足首を立てたままではが足も延ばせなく、足が引きつりそうになる。各席とも灰色のカーテンに囲まれ独立してはいるが、カーテン上部が網目になっている。そのためか、なんか護送車に乗せられたような暗い気持ちになる。雰囲気が悪すぎというわけ。これなら雰囲気としては、3列席ながら広々とした2階の方がマシだ。

CA3C0849採

CA3C0870採



CA3C0850.jpg


また1階のため地上に近くタイヤからの直接の振動や振動音も伝わり、さらにエンジン音も加わって、騒々しい。大きな座席は寝返りが打てるくらい広いけれど、あの振動と騒音はいただけない。海部交通の「フローラ」号とは何から何まで比較にならないくらいバツ(×)だった。

CA3C0868採


JR四国バス高速バス座席番号JR四国バス高速バス座席番号

(以下まとめ、○は良い点、×は悪い点):

1)ほぼ水平の170度くらい倒れる幅広の座席は○ 、そのため前の席を倒されるとカーテンがこちらに垂れてきて、A-23席の空間はますます狭くなる ×

2)A-23席だけは、前に他の席があるため前の席を倒されると、足首を立てたままは延ばせないので×

3)天井灯を消すスイッチがない。間違って降車スイッチを押してしまったくらいわかりづらい。毛布をかぶってねるか、目マスク必要。乗車後1時間くらいして消灯されたようだ。×

4)A-23席は他の席に比べ狭すぎ。同じ価格なので、よけい× (予約するなら席を確認要)

5)1階は振動も騒音も大きい。昔乗車中最後まで寝られなかった最悪のバス(東京-仙台間)を思い出した。今回は寝たら気にならなくなったけれど、とにかくうるさくて、×

6)荷物の場所は狭く、網袋はあるが、A-23席だけは窓際足元の狭いところにあり、使いづらく、使ったとしても物を置き忘れしそうで ×

7)使い捨て持ち帰り可のスリッパと、これとお~いお茶(伊藤園)のサービスは○

8)あると思っていたテレビはなかった △

結論:
日本一豪華バス「フローラー」と比較すれば、JRドリーム号プレミアムシート(1階席)は全く話にならないくらい悪かった。海部交通のフローラー号は700円ほど高いが、JRプレミアム席より格段に豪華な雰囲気を味わえる。もしJRドリーム号にするなら、むしろ2階席(3列席)がまだマシ。1階席(3席しかないプレミアムシート)がなぜ人気があるのか理解できない。

ゴールデンウイークのさ中(4月30日)のためか、夜行便が、発着駅(徳島)から東京?方面へPM9:30に3本、PM9:45分に2本出ていた。そのうち乗車は9:45分の1本にだけプレミアムシートがあった模様。新宿着は朝7時と以前のマイフローラより遅めで、日もすでに昇っていた。新宿着はいつもの西口でなく東口であった。どうも今回は最近出来たばかりの新東名高速を通ったようだ。

CA3C0905採東口到着

CA3C0864.jpg途中停車のSA(東名足柄SA)


関連記事
スポンサーサイト

-
プレミアムシートの座席番号は、ABCではありません。また、JRバスで新宿駅西口に着くのは岡谷・広島発着便のみです。それ以外のJRバスは南口を使っていました。
2013.01.06 05:07
Dr.Spaceom
> プレミアムシートの座席番号は、ABCではありません。また、JRバスで新宿駅西口に着くのは岡谷・広島発着便のみです。それ以外のJRバスは南口を使っていました。

調べてみるとおっしゃる通りA,B,Cでなく、A-21,A-22,A-23でした。何を勘違いしたか、すみません。
なお、四国バスの高速バス座席表を追加しておきました。

到着場所ですが、写真の通りの場所です。写真の後ろ側すぐ近くに新宿東口があってそこから電車に乗り換えたので、到着場所は東口だったと思います。この写真、たしか新宿東口ですよね。それともこれが南口?
2013.02.07 21:30

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamencoguitarist.blog5.fc2.com/tb.php/371-f1cf2568
以前ドリーム号2階3席シートに乗ったときとても快適だった。で、家内にも勧めたが結果は快適でなかったらしく、今後は御免こうむりたいとのことであった。バスの揺れに弱いということもあるが、カーテンがなにやら異様だったらしい。ボクの乗ったときはカーテンも(下りて...
2012.05.08 18:14 まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。