スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾の画家、張大千

.23 2012 日記 comment(0) trackback(0)
今日のTVのお宝発見番組で、出品者が中国の画家「張大千」のものと思って出品した画(版画とか)があった。1000万円という出品者の予想に反して2万五千円との査定評価額だった。理由は(誰かが?)版画でつくったものとのこと。

それでも贋作なら、普通そんなに高価にもならないと思ったのだが、この張大千いう方は超有名な画家で、死後の今は中国でそのコピーがお土産などに使われているとのこと。

ちょっと興味を持って調べてみると、やっぱりすごい人らしい。TVでの、贋作+他国に逃げたとか?の説明だけが頭に残り、この人はトンデモな人だと思っていたが、そうでもないらしい。Wikiによると、例の国共戦争(国民党の蒋介石と共産党の毛沢東の戦い)で、共産党の迫害を恐れ、国外に逃れた(晩年には台湾に戻った)となっている。

確かに贋作をも作ったようだが、なくなる前年1982 年には台湾から勲章も受けている。その絵の数々を一見し、すごい芸術家だったのだなと思った次第。

張大千画 そのほかの画


関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamencoguitarist.blog5.fc2.com/tb.php/391-b0359415
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。