スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山登山道(万年山から蜂須賀家遺跡経由眉山頂上へ)

.20 2009 日記 comment(0) trackback(0)
3月26日満開間じかの眉山へ、南佐古にある赤レンガの水道局舎近くに登山口があり、そこからが万年山だ。朝の散歩のつもりだったので眉山頂上まで行く気などさらさらなかったので、何も持たず来てしまった。

万年山には、阿波踊りの発案者といわれている徳島城主蜂須賀家の遺跡(墓地)がある。今朝の新聞で遺跡改修中とかの記事を読んだばかり。そういえば昨年夏には土手は崩れかかり、遺跡も荒れ果てていたが、今はかなりきれいに改修済みであった。


↑説明ボタンあり


あちこちに散らばっている何代かの墓を巡りながら登っているうちに、急な石段があり、それが終わったと思ったら、簡保の宿近くの山頂についてしまった。前年下りを経験した時には、登りはさぞ大変だろうと思ったけれで、実際登ってみるといとも簡単、いろいろある登山道の中では最も楽な登山道ではないかと思う。

簡保の宿のロビーで少し休み、パコダのあるTV塔の頂上へ(本当の眉山の最高地点は昨年地蔵院から登った尾根の途中、ここからはずっと西の尾根にある)。簡保の宿とパコダの間にはきれいに整備された眉山公園があり、そこには白いパティオや石つくりの見晴小屋がある。

SA380101.jpg


パコダのある東端の眉山頂上からは徳島市内や港、瀬戸内海が見渡せる。ロープウエイの発着場もあり、発着場のビルには案内所もあって、徳島をオランダに紹介したというオランダ人?モラエスの小さな展示場(有料)がある。パコダはいつも鍵がかかって中は見えない?

桜の季節、ぼちぼち花見にやってくるグループもいた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
↑楽しいブログがいっぱい、徳島へ来られたら眉山へどうぞ!
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamencoguitarist.blog5.fc2.com/tb.php/44-c4f5a587
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。