スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノブヒェン釜でご飯を炊いてみる

.10 2013 日記 comment(0) trackback(0)
ノブフェン釜でご飯を炊いてみた。

1人前、1合を電気釜より早く炊けないものかと思い試してみる。以前、陶器の3、4合炊きの釜だと、たしか10分前後で炊いたことがある。が、その陶器製釜が今手元にない。多分、ドーム。


10 6:52中火でずっと


で、昨日初めてのパン焼きで、失敗してしまった二重ボール釜(ノブヒェン釜というらしい)で、やってみる。結論からいうと、大成功。


ーーーー

最初1合の水の量を電気炊飯器で測ってから、器(ドンブリ)に移す。

ドンブリをフライパンの上に置き、ステンレスボール2つを被せる。パン焼き時に用いた内外二つのボールのままだと、ドンブリの縁に内側のボールが接触して浮き上がり、内外のボールの天井どおしが接触してしまう。天井にも隙間ができるように、次のようなボール構成とした。すなわち、今回は直径が同じで、深さが違う構成。

10 9:50
10 9:51



二つの天井が接触せず天井の間に隙間ができると、内部のボール全体に均一に熱がこもるだろうと予想してのこと。本当? かどうかは不明。内側のボールがドンブリが接触するなら、パン焼き時に用いた大小のボールを内外逆にしてもいいのかも。

10 7:16


とにかく出来上がりはこれ。中火で火加減調節なし、仕上がり時の判断は、音で。ブツブツ水の音がなくなりしばらくすれば出来上がり。ちょっと開けて見て、できてるようなら、ほぐして蒸して出来上がり。ボールをかぶせたままで、長時間保温できる。

10 7:25混ぜて蒸す

10 7:25保温


とにかく、電気釜のご飯が美味しくなくなったら、または少量の早く炊いてみたい時などには、ぜひお試しを!


(反省点)
ドンブリの底が黒くなった、ボールが高熱でちょっと変色気味、とキッチンの主に怒られた …(泣); 。やはり自分専用のを100均ででも、探してこよう。合計300円だが、また物が増える 〜







Posted from iPad
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamencoguitarist.blog5.fc2.com/tb.php/444-a2f95606
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。