スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M社冷蔵庫の製氷皿がまた割れた

.28 2013 日記 comment(0) trackback(0)
前回(数年前)と同じようすの故障が起こった。氷ができない、氷のサイコロができず、板状に凍る。サポセンに電話。



前回修理の履歴が残っており今回は無償では修理できないとのつれない返事。でも最後は無償での訪問修理が決定。


覗いて見ると、




CA3C0284文字付


写真のように回転支持棒の周りの皿が割れている。冷蔵庫前面のマイコン表示窓の製氷皿の清掃のボタンを押すと、製氷皿が回転し始めた。



製氷皿が割れる様子(動画)


回転棒あたりの製氷皿の端がどこかにひっかかり、強い回転の力で引き裂かれる感じだ。回るほど割れ目が開いていく。



これじゃあ繰り返すとそのうち割れるのは当たり前、というか、氷を製氷皿から剥ぎ取り落とすためのそういう設計なのだ。

残念ながら、製氷皿の材質の低温での耐久性が設計の予想より低いということだろう。で、数年ごとに同様な問題が起こることに。だからあちこちで頻繁にこの問題が報告されているのだろう(三菱冷蔵庫 製氷故障で検索)

材料の耐久性を増すか、それとも氷を剥がす機構を考え直すなど、設計を見直す必要がありそうだ。

またリコール品だとメーカーとしては、本体回収よりその場その場で安価な製氷皿の取り替えですます方が、得策なのだろう、とは思う。であれば、紋切り刀での最初のかなり高額な「有償修理になります」との
返答でなく、すんなりと顧客の苦情を受け入れて欲しいものだ、…と思う。

多分、2,3回の安い製氷皿の取替えだけで冷蔵庫本体の方が寿命がくる。





もし無償がダメだった場合でも、今は器用な人はたくさんおり、DIYでも直せるはず(下記参照)。メーカーも部品を売らないなどと野暮なことは言わないことだ。もっとも、量販店などを通すと買えるらしいが。

今回はセットで部品交換したが、製氷皿の隣の壁を外すのに、2、3箇所のアダプターと、2、3箇所のネジを外すだけのよう、もちろん2、3箇所の配線も。製氷皿だけだったら2~300円という話もある

image_20130313125600.jpg





(参考)DIYで修理
●参考1
●参考2




人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ DIYへにほんブログ村

Posted from iPad
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamencoguitarist.blog5.fc2.com/tb.php/447-d685ede3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。