スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ夏のすごし方(天井ファンの効用などつれづれに)

.20 2009 日記 comment(0) trackback(0)
このところ、庭の「蟻退治」など、つまらない作業が多くて、疲れる。その上、暑くてびっしょり汗のかきっぱなし。シャワーを浴びても、水をかぶっても、なぜかその後の体のホテリがとまらない。

それに朝早いので、そんな作業後は決まって眠たくなる。そこで、昼寝 (ウトウト・・・)。

若いときには昼寝なんかしている暇がなかったが、やはり歳かななんて、考えながら天井をみあげていると、そこで回っている天井ファンのそよ風のさわやかなことに気づく。普通の部屋の天井高さにあるファンだが、家を建てて以来飾りくらいに思っていたが、これが案外使えることに今頃になって気づく。

SA380009Cap.jpg



クーラー要らずなのだ。部屋中が暑いときには天井ファンも熱い空気をかき回すだけだが、ある程度涼しい1階の部屋ではそれで十分。夜寝るときにも弱にしてつけっぱなしだ。

調子に乗って、隣の部屋の照明も取り払って、ファン付照明器具にした。隣の部屋は畳の日本間で本来天井ファンが似合わないのだが、つけてみると違和感はない。それに日本間って、梅雨時には湿気ぽくなることが多いので、天井ファンで常に部屋の空気をかき回していると、カビ発生も防げるのでは?というという魂胆(・・・が最近してきた)。

ちなみに、数年前(新築時には)カビ菌をマイナスイオンで殺すといううたい文句のクーラー(メーカーでは「プラズマクラスターイオン」設定と呼んでるもの)を各部屋ごと4台もつけてみたが、このうたい文句の効果は嘘っぱちのよう(マイナスイオンで検索すると、いっぱい出てくる→公取委注意勧告?)。

そういえば最近では各メーカともマイナスイオンを謳う製品は出てないようだねえ。大メーカーさん、マイナスイオンで売りまくってその後は何も説明せずに、知らんぷりとはひどすぎませんか?。当時はこの新製品、かなり高かったな~、4台でかなり負けてもらっても(6掛けくらいだったかな)100万くらいした(怒”)。

SA380012Cap.jpg


話を戻して・・・

この天井ファン、旅行や帰郷で長期間不在の時こそカビ防止でつけっぱなししたいもの。だがまだちょっと心配で実行しないでいる。なにせ、モータのある家電製品は止まったとき過熱して怖いから。

でも、このところの連日運転からみると多分過熱はしないだろうと。そのうち天井ファンの安全設計仕様やファン周りの温度を調べてみよう。

まだ天井ファンが日本では一般的でなく、高価であった十数年前、アメリカへ旅行するたび、ホームセンターで天井ファンを買ってきた。ほとんどMade in Taiwanであったが、バーゲンだと50~99ドルとかとにかく安かった。そのため、今数個買いおきしてある。ドームで使う予定のためだが、これも持ち帰って自宅のあちこちにつけようかなとも。

日本ではその当時まだ、天井ファンなんて「飾り」程度にしか認識されてなかったため4,5万と高かったが、アメリカでは日常の必需品か安かった。日本でも今は1万くらいからあるので、もっと省エネで使われると良いのになあ、と思う今日この頃。

とはいえ、新しもの好きのボクは性懲りもなく、場所をとらない縦型扇風機(シロッコファン使用)が最近店頭たくさん並んでいるのを見て「孫にも危なくないし」と言い訳を考えつつ、つい買おうとした。実際その日やってきた2歳半の孫が、遊んでて扇風機を倒し、あわてた孫が起こそうとしたことがあったのだ。扇風機の危険防止用網が吹っ飛んだままでファンが回っていて、顔に当たってたらと思うと、ぞっとする。

けれど、天井ファンはそれよりもっと場所をとらなくて危険もなく、最高だと思い直し、買うのを止めた。
その日も、孫たちと天井ファンの下に張ってあるテントで寝た。この時期でも、涼しかった。



関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://flamencoguitarist.blog5.fc2.com/tb.php/72-ab772997
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。